CLOTとは?コラボスニーカーで話題沸騰中のクロットについて解説!

SNEAKER

スニーカー好きなら最近よく目にしているはずのブランド、「CLOT」。

クロットって何なん?

と思われている方も多いはず。

そこで今回はこのCLOTについてまとめてみましたよ!

読み終わる頃にはあなたもCLOTの虜になっているはず・・・。

そもそもCLOT(クロット)とは?

つい先日もNIKE、sacaiとともにコラボしたスニーカーをリリースして話題をかっさらったCLOT。

sacaiについてはここ最近リリースが続いていることもあり、スニーカー好きの間でも知名度が上がってきました。

【sacaiとは?】NIKEコラボで有名な大人気ブランドを徹底解剖!
スニーカー好き・ファッション好きなら一度は耳にしたことがあるブランド・sacai(サカイ)。 ここ最近ではNIKEとコラボしたsacaixNIKE vapor waffleも話題になりました。 市場では約3~3.5倍程度で取引されているようですね。 2万円ほどの定価に対して二次流通...

このCLOTについてはまだそこまで知られていないかも。

ということで調べてみました。

CLOT(クロット)は、2003年にEdison Chen(エディソン・チャン)とKevin Poon(ケビン・プーン)によって香港で設立されたストリートブランド。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CLOT(@clot)がシェアした投稿

エディソン・チャン氏(陳冠希)は香港の俳優・歌手。

2000年前後には日本の映画にも出演するなど、アジア各国で活躍。

その前から日本の裏原カルチャーが好きでプレ値でブランドの服を買ったり、NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)に3時間以上も並んでいたみたい。

ただ、当時からファッションブランドの立ち上げに興味があったわけではなく、Devilockのディレクター・遠藤氏やNEIGHBORHOODのディレクター・滝沢氏、A BATHING APEのNIGO氏などと出会い、ファッションに関わることに興味を持ち始めたそうです。

日本が大好きだと明言するエディソン・チャン氏ですが、16歳頃から500回以上は来日の経験があるんだとか!

そのくらい裏原カルチャーの影響は大きいと話されています。

当時の彼女と原宿を歩いていると、彼女が急に興奮し始め、どうしたのかと聞くと「藤原ヒロシさんがいる!」と。

当時は藤原ヒロシ氏を知らなかったそうで、勝手に嫉妬までしていたそうですが、香港に戻ってから雑誌などで調べていくうちに魅了され、自身が藤原ヒロシ氏の大ファンに。

5年後に同じように藤原ヒロシ氏に遭遇した際は逆にエディソン・チャン氏が当時の彼女のような反応をしたと茶目っ気たっぷりに語っています。

私も同じような経験があるのですごくわかります!笑

その後、裏原ブランドを適正価格で買える場所を作りたいという思いから、香港に「JUICE(ジュース)」というセレクトショップをオープン。

そして、デザイナーであるケヴィン・プーン氏とともに2003年に立ち上げたのがこのCLOT。

「ファッションを通じて東西の架け橋に」なることをコンセプトに掲げたストリートブランドです。

香港にとどまらず、今や世界的なブランドとも多数のコラボをしています。

日本国内で言えば、記憶に新しいNIKE×sacaiとのトリプルコラボだけでなく、念願の藤原ヒロシ率いるFragment Designともコラボが実現。

今後はSupremeの倍(!)の時価総額を目指したいとも語っています。

CLOT×NIKEのコラボスニーカー

それでは過去にNIKEとコラボしたスニーカーをご紹介しましょう。

AIR MAX1 KISS OF DEATH

NIKEとコラボが始まったのは2006年。

初の共作として、特徴的な文化的象徴である中国の鍼療法にヒントを得たスタイルをエア マックス 1のシルエットで表現。

大胆なトゥボックスのデザインには、透明なプラスチックを使用しています。

足のつぼを描いたインソールが外から見えるように。

透明なアウトソールの内側には、人間の足の図を配置。

2つのブランドが中国の伝統的な文化を探究する旅の出発点となりました。

2021年3月に15年の時を経て復刻が実現しました。

これによってCLOTの知名度はさらに高まることに。

AIR MAX1 KISS OF DEATH2

2013年、第一弾の “Kiss of Death” をベースに、当時の画期的なNike Hyperfuseテクノロジーを採用して通気性と機能性を向上させた後継モデルが登場。

透明のアウトソールも、より鮮やかな足のイメージを使ってアップデートされました。

オリジナルバージョンのデザイン要素をキープしつつ、「巻物」のコンセプトをシューズボックスのデザインにも展開。

最新テクノロジーによって、アイコニックなコラボレーションスニーカーが生まれ変わりました。

AIR FORCE1PREMIUM SILK

2018年2月にリリース。

エアフォース1をベースに、アッパーを華やかなシルク素材で構築し、その上に「これぞCLOT」ともいうべき中国の伝統的な「幸運」と「繁栄」を象徴するパターンを配置。

ソールはオフホワイトカラーを採用し、アクセントをプラス。

上質で高級感溢れるスペシャルモデルとなりました。

今でもかなりのプレ値で取引されているようです。

AIR FORCE 1 BLUE

上記にご紹介したエアフォース1の色違いで、2019年11月11日リリース。

チャイナドレスを彷彿とさせる素材とデザインが目を惹く1足。

発売当時はスルーしましたが、今となってはチャレンジだけでもしておくんだった、と後悔しています・・・。

LDワッフル

記憶に新しいNIKE、Sacaiとのトリプルコラボモデル。

KISS OF DEATH2のカラーリングを落とし込んだモデル。

sacaiの代名詞ともいえるサイドに重なったスウッシュが特徴的。

奇跡的に嫁ちゃんサイズが当たりました。

自分のも欲しかったのに。

上記に挙げたもの以外にもたくさんの魅力的なモデルをリリースされています。

もちろんNIKEだけでなく、コンバースなどといった世界的なスニーカーブランドともコラボ。

ぜひお気に入りの1足を見つけてみてください。

話題のブランド・CLOT まとめ

以上、話題の香港発ブランド・CLOT(クロット)についてまとめてみました。

CLOTはまだまだ大きな影響を与えるブランドへと成長していくことは確実ですね!

今後もCLOTから目が離せません。

それでは皆さん、素敵なスニーカーライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました