スニダンvsStockX徹底比較!どちらが良いの?良い点・悪い点は?

SNEAKER

スニーカー好きなら利用している人も多い「SNKRDUNK(スニダン)」と「StockX(ストックエックス)」。

結局どっちがお得なん?

気になりますよね。

結論から言えば、買いたいモノによるかと。

どちらにもメリット・デメリットが存在するので、今回はスニダンとStockXについて徹底的に比較してみました。

これを読めばどちらで購入すべきか判断できますよ!

SNKRDUNK(スニダン)とは?


SNKRDUNK(スニーカーダンク)・通称スニダンとは、スニーカーをメインにハイブランドやアパレル、ホビーやトレーディングカードなどの売買ができるリセールサイト・アプリです。

スニーカーダンク スニーカー&ハイブランドフリマアプリ

スニーカーダンク スニーカー&ハイブランドフリマアプリ

SODA,inc.無料posted withアプリーチ

フリマアプリとは違い個人間でのやり取りは一切なく、取引が成立した商品は全てスニダンに集められ、専門家による鑑定を受けます。

晴れて鑑定をクリアすれば購入者の手元に届くというシステム。

売買だけでなく、リリース情報をまとめてくれていたり、利用者どうしのコミュニケーションが図れる場があったりと、見ているだけでも楽しめます!

詳しくはこちらの記事でもまとめています。

【SNKRDUNK】スニダンでクーポンを使えば相場よりも安く買える!
スニーカー売買のプラットフォーム、SNKRDUNK(スニーカーダンク)・通称スニダン。 若者から大人気の三代目J SOUL BROTHERSの山下健二郎さん、関口メンディさんを起用したCMでもご存知の方も多いはず。 「SNKRSでなかなか抽選が当たらない…」 「多少のプレ値...

StockX(ストックエックス)とは?

StockXもスニダンと同様に、主にスニーカー・アパレルブランドを取り扱うリセールサイト。

StockX - Buy & Sell Authentic

StockX – Buy & Sell Authentic

StockX LLC無料posted withアプリーチ

スニダンや旧モノカブもこのStockXに倣って作られたそうです。

それまで英語表記だったやり取りも2020年に日本語での対応が可能となり、さらに使いやすくなりました。

使い方についてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

StockXとは?フリマアプリとはどう違う?特徴や使い方を徹底解説!
スニーカー好き、ファッション好きであれば目にしたことがあるであろう「StockX(ストックエックス)」。 便利なんだろうけど、いまいち使い方がよくわからない・・・。 海外だし危ないんじゃないの・・・? そんな方のために、StockXについて詳しくまとめてみました。 ...

スニダン・StockXの良い点

それではお互いの良いところを見ていきましょう。

まずはスニダンから。

わかりやすい・使いやすい

日本生まれの日本企業が運営するサイトなので、非常に使いやすくわかりやすい。

商品購入から手元に届くまで、逆に販売から取引完了まで特につまづくことなくスムーズにやり取りができます。

現在は国内間での取引のみなので、購入からお届けまでが1週間程度と早い取引ができるのもメリットの一つと言えるでしょう。

リーク情報などのお知らせが嬉しい

もともとはスニダンはクローズだったスニーカーの販売情報などを一か所でわかりやすく発信したい、というところから始まりました。

これは国内一のリセールサイトとして成長した今でも健在で、リーク情報や販売日時・ショップなどの情報が豊富にGETできます!

アプリであれば毎日昼12時と夜10時に更新情報を知らせてくれるのでとても便利。

スニーカーダンク(スニダン) | 人気の新作スニーカーやアパレルを安心売買
【CMで話題】スニーカーやアパレルのフリマアプリならスニダン!スニダンなら経験豊富なプロ鑑定士の本物鑑定&全額補償付きだから安心・安全。さらにナイキやシュプリームなど人気ブランドの最新/リーク情報から発売日/抽選情報までリアルタイムでお届け!

 

続いてはStockXの良い点について見てみましょう。

圧倒的に数が多い

世界中に拠点を持つStockXは、さすがに取り扱いの数が違います。

日本未発売の地域限定激レアなスニーカーが見つかることもしばしば。

「このスニーカーがこの値段で!?」という掘り出し物に出合えることも珍しくありません!

日本国内よりも安く買えることがある

この取り扱いの多さから、日本国内で買うよりもずっと安く買えることもあります。

日本で高値で取引されている商品でも、StockXなら何千円単位で安く手に入ることも!

もちろんその逆もしかり。

海外にはコアなファンも多いので、国内で安く買えた商品がStockXで高く売れた!ということもあり得ます。

スニダン・StockXの気になる点

それではスニダン・StockXでの取引においてここが少し気になる、というデメリットを挙げてみましょう。

まずスニダンから。

空売りが多い

私自身はまだ遭遇したことがありませんが、SNSやスニダンの投稿を見ていると「空売り」が多い印象。

値段の変動が激しいレアスニーカーの発売前後で多発しているように思います。

規約では成立した取引を出品者都合でキャンセルする場合は、ペナルティとして10%のキャンセル料+場合によっては利用制限がかかるそうです。

それでもまだ減らないのは、しっかり対策していただきたいと思います!

鑑定がゆるい?

他サイトに比べると鑑定の甘さが見受けられます。

もちろんフェイク品が届くようなことはさすがにないかと思いますが、SNSなどではインソールが違ったり箱の潰れがあったりと、鑑定時による問題が多発している様子。

この辺りはしっかり改善していただきたいですね。

2021年9月に吸収されたモノカブでは、細かいところまでしっかり鑑定してくれていた印象が。

良いところはしっかり引き継いでいただいたいと思います。

 

続いてはStockXの気になるところをピックアップ。

取引完了までの煩わしさ

スニダンとは違い、国をまたいでの取引となるのでやはりそれなりに時間と手間がかかります。

購入の際には手元に届くまで2週間くらいはかかってしまいます。

販売時の発送も少しわかりにくいのがネック。

慣れてしまえばなんてことはないのですが。

こちらは別の記事にも発送の手順や注意点をまとめています。

StockX販売の際のDHL発送方法をマスター!手順と注意点について
満を持して日本版がリリースされたStockX(ストックエックス)。 スニーカーやアパレル、ホビーなどが適正価格で売買ができるプラットフォーム。 海外版SNKRDUNK(スニーカーダンク)とも言うべきでしょうか? もちろんStockXの方が歴史は古いのですが。 日本未発...

購入時には関税がかかる

外国からモノを買う、言うなれば輸入です。

当然関税というものがかかってしまいます。

商品代には入っていないので、けっこう忘れがちに。

これが地味にイタいんですよね。

こちらも別記事をご参考ください。

海外からスニーカーを買ったら関税はいくらかかる?かんたん計算方法
STOCKXやEND.など海外サイトからスニーカーを購入した場合に、関税はいくらかかるのか?おおよその計算方法についてまとめました。

(2021年10月 追記)

StockXでの金額表示が関税込みになった様子。

これにより、国内配送業者に配達時に支払いは不要になるんだとか。

ちょうど1年前にも同じことをして失敗していたみたいなので、ここはしっかりと対策をしていただきたいですね!

結局どっちが良いの?

とまぁお互いのメリット・デメリットをそれぞれ挙げてみましたが、結局のところどちらが良いかと言うと、最初にも書きましたがモノによるのです。

日本ではそこまで人気のないものでも、StockXではなかなかのプレ値がついているものも。

もちろん逆もしかり。

スニダンで安く仕入れてStockXで売る、ということもしていました。

これも転売になりますよね・・・。

スニダンとStockXの二つを見比べながらうまく使うことができれば、お得にGETすることができます!

スニダンvsStockX 比較 まとめ

以上、SNKRDUNKことスニダンとStockXの良い点・気になる点についてまとめてみました。

やはりどちらも良い点・改善すべき点はありますので、ご自身で実際に使ってみて使いやすい方を選んでいただければと思います。

しっかりと2つを使いこなして、お得にスニーカー・アパレルをGETしましょう!

それでは皆さん、素敵なスニーカーライフを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました